わずか25日で挑んだ令和2年度『海事代理士試験』第一次試験(筆記試験)の結果発表!

f:id:arikitakansha:20201030183615j:plain:w500:h300

スポンサーリンク

独学短期間で挑んだ2020年『海事代理士試験』筆記試験の結果は?

令和2年度(2020年度)の社労士試験に敗れてから、わずか25日でチャレンジした『海事代理士試験』の第一次試験・筆記試験

あれから35日目となる令和2年10月30日(金)、遂に海事代理士試験・筆記試験の合格発表日がやってまいりました!

まぁ自己採点の結果から合格しているとは思うのですが、それでも「マークミスしてないかな?」とか「ちゃんと名前書いたよな?」とか、なにかと不安になったりもするものです。あ〜緊張する…

さてさて、午前9時になったのを確認して国土交通省HPにアクセスしてみたものの、この時点ではまだ結果は公表されていませんでした。

それならばと、9時15分、9時20分、9時30分・・・・・あれ?更新されないなぁ。なんて落ち着かない時間を過ごしていたところ、10時にアクセスした時には【令和2年海事代理士試験筆記試験合格者及び実施状況】という名のPDFデータがアップされておりました。

それでは結果発表です!

自分の番号があることを念じながら確認する「この時間」って緊張感ハンパないですよね。

「番号あるかな?」「多分あるでしょ!」「いや、絶対にあるよ!」「でもなかったらどうしよう…」「本当にあるのかな?」「ないかも知れないな…」もう期待と不安が交差し、ドキドキ感が尋常ではありません。

こんな姿をウチの妻が見たら、きっとこう言うのでしょう。「それでも男か?ちっちぇえな…」と。

はいはい。そうですよ。どうせ私は小さい人間ですよ。アナタみたいに男前な人間ではないですよ…なんて一人でくだを巻きながらも、ようやく意を決して番号を確認してみることにした私。





あった!ありましたよ!!ありました!!!

まずは海事代理士試験・筆記試験に合格しました!

な、なんと、わずか25日で海事代理士試験の筆記試験に合格することができたのです。

いやぁ〜この瞬間はたまりません。本当に嬉しいものです。


ちなみに⬇️コチラが今回の試験で公表された合格率などのデータとなります。

f:id:arikitakansha:20201030183650j:plain


今年は2度目のチャレンジとなった社労士試験に敗れてしまってから、なにかと辛い日々を過ごしていたのですが、今回の合格で少しだけ救われたような気がします。

まだ筆記試験に合格しただけで『海事代理士試験』に合格したわけではないのですが、今日は素直に喜んでビールを飲んで、ゆっくり眠りたいと思います。

スポンサーリンク

次は最終試験・口述試験です!

そして次は令和2年12月3日(木)最終試験・口述試験が実施されるので、もうそろそろ勉強を再開しなければならないのですが、どうにもやる気が起きないのには困っております…


これが⬇️本日(合格発表の翌日)送られてきた「筆記試験の合格通知口述試験の案内」です。

f:id:arikitakansha:20201031150202j:plain

f:id:arikitakansha:20201031150747j:plain


まだ詳しくは読んでいないのですが、なにやらちょっと面倒な感じの試験になりそうです。

ちなみに口述試験の合格率は直近5年間でみると下記のとおりとなります。

【2019年】60.6%

【2018年】92.6%

【2017年】98.1%

【2016年】76.9%

【2015年】69.5%

年によって合格率にバラつきがあり過ぎて、簡単なのか難しいのか、もう全くわかりませんね。

それでも口述試験の平均合格率は79.5%となっているので、そんなに難関なものではない気もしますが…

まぁ兎にも角にも「日々努力」しながら、後悔だけはしないように1日1日を大切に過ごしていきたいと思います。