伊藤塾の最終模試を受けてきた!【勉強開始44日目の成果は如何ほどに⁉】

f:id:arikitakansha:20191022173609j:plain:w400

勉強開始44日での模擬試験の結果は?

月日が流れるのは本当に早いもので『第51回・社会保険労務士試験』で木っ端微塵に打ち砕かれてから、もうすぐ2ヶ月が経とうとしています。

うつ病を発症して試験の直前で大失速してしまったコト、あの時の悔しさはなかなか忘れられそうにありませんが、あのトキがあったからこそ、今は行政書士の勉強に取り組んでいられるのだと思います。

そう考えると、あながち悪いコトばかりではなかったのかも知れません。人生は本当に、どう転ぶか分からないモノですね。

ふと思い出した、ちょっとイイ話し

少し前に何かの番組でミュージシャンの宇多田ヒカルさんが、こんなことを言っていたのを思い出しました。


私は『宮沢賢治の銀河鉄道の夜』の一説が好きです

何がしあわせかわからないです。本当にどんなに辛いことでも、それが正しい道を進む中の出来事なら峠の上りも下りもみんな本当の幸せに近づく一足づつですから。

今は今だけでは判断できないのだと。今は物凄く哀れで可哀想に見えても、それがあったからこそ、その後に幸せになれるのかも知れない…
だから今は今だけでは判断できないのだと。

なんだか、そんなニュアンスの話しをしていたコトを思い出しました。

すみません。いつも以上に前置きが長くなってしまって…

伊藤塾・最終模試の結果!

さて、それでは今回の本題となる伊藤塾の最終模試結果をご報告させて頂きます!

f:id:arikitakansha:20191022173639j:plain:w400:h400

基礎法学: 1/2問《4点》
憲  法: 2/5問《8点》
行 政 法: 17/19問《68点》
民  法: 6/9問《24点》
商  法: 1/5問《4点》
一般知識: 9/14問《36点》
多肢選択: 10/12問《20点》
ーーーーーーーーーーーーーーーー
択一式合計: 《164/240点

記述式合計: 《30/60点(見込)》

総 得 点: 《194/300点(見込)》

模擬試験で初めて合格ライン(180点)を突破しました!

今年の行政書士試験に合格したいと本気で願ったトキには、もう既に67日しか残されていなかったコトを考えると、勉強開始44日の現段階でここまでなんとか頑張ってこれたコト、少しだけ誇りに思えそうな自分がいます。

ただ、今回の模試は比較的簡単なレベルだったと感じていますし、行政法以外の科目は危うさ満載な知識レベルだと痛感したので素直に喜んではいられませんが、模試を受けたお陰で各科目に対する今後の取り組み方が明確になったと思います。

基礎法学
この科目は引き続きノータッチで良いと思います。この科目を勉強するくらいなら、行政法や憲法、民法の条文を1つでも覚えた方が効率的です。自分の常識力を信じるだけですね。

憲法
少し軽視し過ぎました。憲法で確実に得点しなければ、もし民法で失点した際にカバー出来る科目がなくなってしまいます。もっと判例知識を詰め込んで、少なくとも3/5問は取らなければなりません。とにかく条文と判例をひたすらに暗記します!

行政法
この科目の勉強法は絶対的に正しかったと感じています。引き続き条文中心の学習で判例知識をプラスするイメージで大丈夫でしょう。

民法
今回の模試の問題が簡単だったために6/9問とれましたが、恐らく現在の知識レベルでは本試験で1〜2問しか取れないと自覚しています。ここはテーマを絞って確実に3〜4問は正解できるようにしたいと思います。仮装譲渡、相続と登記、法定地上権、共有、連帯債務、保証、家族法その他諸々。

商法
今回は商法総則を間違ってしまったために1/5問しか正解できませんでした。やはり、この科目は僕にとって商法総則が全てです。徹底的に商法総則の知識を詰め込みます!

一般知識等
この科目は以前の記事に書いた方針で大丈夫でしよう!



本試験まで残り19日となりました。
「もう19日しかない…」か「まだ19日ある!」かは自分次第だというコトです。

泣いても笑っても後19日です。
後悔だけはしないよう、頑張りましょう!