令和2年度(2020年)社会保険労務士試験まで残り80日!【2度目の独学チャレンジ中】

f:id:arikitakansha:20201106203424j:plain:w500

スポンサーリンク

社会保険労務士試験まで残り80日な私の現状

さてさて、昨年の社労士試験に落ちた悔しさをバネに、わずか67日の勉強で行政書士試験に合格したまでは良かったのですが、リベンジを誓った社労士試験には、なかなか没頭できずにいる私。


今年の1月時点で「残り約7ヶ月しかない!」という焦った気持ちを⬇️こんな記事にして決意表明をしてみたはずなのに…


いまだ年内は通算50時間ほどしか勉強していないので、完全に知識が抜け落ちてしまいました…

結局、コロナ禍や何やかんやと言い訳を探しては、勉強を疎かにしてしまっている今日この頃なのであります…

まぁそんなわけで「令和2年度(2020年)社会保険労務士試験まで残り80日!【2度目の独学チャレンジ中】」なんてタイトルを付して、もう“待ったなし!”な状況であることを再認識したうえで、新たな決意を込めて今回の記事を執筆してみることにしてみました!

スポンサーリンク

今後の試験対策について

先週末で競馬の祭典・日本ダービーも終わり、4週連続で馬券勝負をしてみたものの、惨敗に次ぐ惨敗で資金難に陥ってしまっている現在の私。ダメダメ人間ですね…


これで2度目の社労士試験チャレンジとなることもあって、今年は完全独学で挑むことを既に決意しているわけですが、貧乏な私は⬇️この『月刊 社労士V』をメインテキストとして使うことにしています。

f:id:arikitakansha:20201005195456j:plain:w500

正直、内容的には全てが網羅されているテキストとは言い難いのですが、月刊誌ならではの「要点整理」がなされており、反復学習には最適かと考えております!

なんと言っても、私にとっては「安い!」というのが最大の魅力なんですけどね。

昨年は「山川社労士予備校」を活用したことで80,860円ものお金を使ってしまったので、今年は「社労士V」の購入費1,250円×11冊+α程度の出費で合格したいと考えていたりするのです。


まぁ兎にも角にも本年は「基礎的事項を徹底的に反復学習」することに専念してみるつもりであって、その点においては『社労士V』が最適なのだと思っています。

そして、これをボロボロになるまで使い倒して、さてさてどこまで通用するのかというのを試してみたいという気持ちもあるんですよね!

まとめ

さて、ここまで「令和2年度(2020年)社会保険労務士試験まで残り80日!【2度目の独学チャレンジ中】」なんてタイトルで、なんだかんだ感情のままに書いてまいりましたが、要は「勉強がんばるぞ!」ということを公言してみただけの話なのです。すみません。

このブログを活用して、自らを叱咤激励し、モチベーションアップを図ったということです。

正直、皆さんのSNSの投稿などをみて「自分も頑張らなきゃ!」なんて思えることが多々あるのです。

ですから自らのブログで公言することによって、モチベーションをアップさせることができるのではないか?なんて考え、今回の執筆に至ったわけなのですが…

また、このブログを読んでくださった方々が「自分も頑張らなきゃ!」なんて思ってくれたら、それはそれで嬉しいですし…


泣いても笑っても、社労士試験まで後80日となりました。

80日後の私は、何を感じ、何を思っているのでしょうか?