この世は完全に狂っている|コロナ対策の遅れや的外れな支援制度、はたまた異常な株高など

f:id:arikitakansha:20210122132303j:plain:w500:h300

新型コロナウイルスが世界中に蔓延し、2021年1月20日現在、日本では4,779人もの人が死亡するという痛ましい状況が続いています。

一昨日だけでみても1日で92人もが死亡し、また新たに5,550人が新型コロナウイルスに感染したのだそうです…

f:id:arikitakansha:20210122132235j:plain:w500:h300
(出典:NHK特設サイト)


そんな中、コロナ禍によって多くの人が職を失ったり、私のように新たな職を見つけられなかったり、はたまた給料やボーナスが減額されている方も多いのではないでしょうか?

もちろん、コロナ禍によって潤っている企業や儲けている人もいるのでしょうが、少なくとも私の周りには“不安”や“不満”を口にする人が圧倒的に多いような気がしています。


ただ一昨日のニュースで報じられていたのですが、民間企業で働く人々へのアンケート調査によると、暮らし向きが悪くなったと感じる人が35%世帯収入が減った人は37%しかいないというデータがあるそうです。

f:id:arikitakansha:20210122132328j:plain:w500:h300

f:id:arikitakansha:20210122132338j:plain:w500:h300

まぁ前年対比でみれば悪化しているのは確かですが、私個人的には「たったそれだけ?」「もっと多くの人が苦しんでいるのかと思った…」そんな印象を持ちました。


それに対し、「ひとり親世帯」では収入減等があった人は70%子供の進路に関わる費用を支払えなかったりする家庭が90%にものぼるそうです。

f:id:arikitakansha:20210122132356j:plain:w500:h300


こうして見ると、日本でも貧富の差が一段と広がったという感じがしますよね。もう完全なる格差社会に突入したという証なのかも知れません。


ってか、まぁ、必然的にそうなって行くのでしょうね。

だって「日本政府は人が死ぬことより経済が死ぬ方が深刻」だと考えているのでしょうから…

そもそも冬になればコロナ第3波が来ることなんて分かっていたはずですよね?

にも関わらず、莫大な税金を使ってまで「Go To トラベル」「Go To イート」なんて馬鹿げたキャンペーンを実施し、コロナウイルスを全国にバラ撒いても仕方のないほどに国家主導で国民を移動・活動させました。

f:id:arikitakansha:20210122172856j:plain:w500:h300

冬の第3波に備えるでもなく、コロナ禍でダメージを負った人を助けるでもなく、旅行や外食ができる生活資金に余裕のある人たちだけを対象に「みんなで旅行に行きましょう!」「外食しましょう!」と促したのです。とてつもない税金を投入してまで旅行業界・飲食業界、これらを助けるために注力したのです。

f:id:arikitakansha:20210122172907j:plain:w500:h300

まぁそんなコロナを感染爆発させたであろう張本人が“緊急事態宣言”なんて発したところで、如何ほどの効果があるのか甚だ疑問だと感じてしまうのは私だけではないと思うのですが…



また緊急事態宣言が発令されている状況下において、日本の株式相場は現在、バブル期に次ぐ30年5ヶ月ぶりの高値水準となっていること、皆さんはご存知でしょうか?

不思議とあんまりニュースなどで報道されませんよね?

日経平均株価は30年5ヶ月ぶりの高値水準!
f:id:arikitakansha:20210122132413j:plain:w500


現在の株式相場は、コロナ禍による財政出動等によって資金はジャブジャブで金余りなのだとか…

そして「春にはワクチン効果もあってコロナが収束に向かい、景気は上向き、バブルが訪れる!」そんな風に考えている専門家なんかもいたりして、とにかく株を持っていれば資産は倍増するという人が多くいるのも事実です。

かたや子供の進学等の費用が支払えない世帯があったりしながらもなんとか生きている人たちが多くいるなか、株式投資をするような資金的余裕のある人たちだけが更に裕福になっていくのです。


米国株式は史上最高値を更新し、それに伴い日本株もバブル期に次ぐ高値水準を更新、こんな状況下で「極めて深刻な状況」「医療崩壊」「コロナ不況」「収入減」「失業者の増加」「派遣切り」なんて言われても、なんだかピンと来ないんですよね…

※過去10年間の日経平均株価の推移(出典:SBI証券)
f:id:arikitakansha:20210122180052j:plain:w500:h300



更には生活に困っている人々の心の声は届かないのに、一部上場企業・飲食店の社長たちが発した「我々にも1日6万円の時短協力金を!」という声は届いたようです。

f:id:arikitakansha:20210122132425j:plain:w500


なんと一部上場企業が出店している飲食店などにも1日6万円の協力金を支給することが決まったのだとか…

そもそも20時以降の時短要請に応じるだけで1日6万円もの純利益が確保できるなんて、一等地に出店している大箱の居酒屋等以外、多くのお店は儲かることになりますよね?

※Yahooニュースの取材記事より

f:id:arikitakansha:20210122180031j:plain:w500:h300


最初の緊急事態宣言時以降、支援制度の内容等については十分に検討する時間なんてあったはずなのに、全ての飲食店に一律で6万円支給することを決定するなんて、政治家や役人って本当にお馬鹿さんしかいないのでしょうか?


当然ながら飲食店を運営する一部上場企業なんかの株価は跳ね上がり、これが更に株式バブルを助長することにも繋がっているようです。そんな中、高騰した自社株を売って利益を得ている社長なんかもいたりして…


とてつもない税金の無駄遣いであり、これらは将来の国民から回収するわけですよね?本当に困っている人にはなんの助けにもならない的外れな支援ばかりが目につきますよね。

そして日本の借金は膨れるばかりなのです。

f:id:arikitakansha:20210122180014j:plain:w500
(出典:財務省HP)


あぁこんな狂った世界でも、せめて暖かくなる3月頃には「日常」が戻っていて欲しい。心からそう願います。