行政書士試験対策|独学の方におすすめしたい市販の基本テキスト&問題集【最新版】をランキングで紹介!

f:id:arikitakansha:20200306193838j:plain:w500:h250

つい数日前に「行政書士試験に短期合格した私が本気でおすすめする資格予備校(スクール)講座12選をランキングで紹介!」なんて長ったらしいタイトルで記事を書かせていただきましたが、もうお読みいただけましたでしょうか?

www.arikitakansha.com


こうした行政書士試験に関する情報発信については、今年度(2019年度)の試験に67日で合格した私の知識や経験等を、何かしらのカタチで皆さんにお伝えできればという想いから続けているものです。

少しはお役に立てていますかね?

そして今回は「何があっても独学で合格するんだ!」という方々に対して「行政書士試験対策|独学の方におすすめしたい市販の基本テキスト&問題集【最新版】をランキングで紹介!」と題した記事を書いてみました!


それでは以下、目次となります。もし知りたい書籍情報などがあれば、目次リンクからそれぞれの順位に飛べますので、ご活用くだされば幸いです。

スポンサーリンク

2020年(令和2年)版・行政書士試験対策おすすめテキスト(参考書)&問題集ランキング!

それでは早速、2020年(令和2年)版の行政書士試験対策!市販テキスト&問題集ランキングの発表です!今回は第1位からカウントアップ方式にてご紹介して参ります。

第1位『出る順 行政書士 合格基本書』LEC総合研究所

やはり第1位は定番の「出る順シリーズ」とさせていただきました!

まぁなんと言ってもテキストが青と黒の2色刷りで、とても読みやすい点が高評価となった理由です!

最近やたらと増えてきたフルカラーのテキストだと、何が大切な論点なのか結局わからなくなりますし、色々書き込んだりして自分のオリジナルテキストに仕上げるのが難しくなってしまうので私的には減点材料なんですよね。


そういう意味でも「出る順シリーズ」が最もオリジナルテキスト化しやすいこと、そしてなんと言っても巻末に「六法が付属」していることが最大の決め手となりました!


3,080円【東京リーガルマインド】2019/12/19発売
2020年改正民法に完全対応!合格に必要な知識を凝縮した充実の1冊!セパレート式六法もついて、更に使いやすい!(引用:Amazon)

テキストと問題集は同じシリーズで使った方が効率的だと思いますよ!


2,420円【東京リーガルマインド】2019/12/19発売
過去問とLECオリジナル問題で構成される200問を収録した問題集。本書は『2020年版 出る順 行政書士 合格基本書』に準拠しています。(引用:Amazon)


1,650円【東京リーガルマインド】2020/3/5発売
記述式・多肢選択式対策の実績豊富な著者が執筆!本書では、解答を導くためのヒントや解答テクニックを演習問題を通して学び、実践的に得点できるように配慮しました。(引用:Amazon)


2,860円【東京リーガルマインド】2020/2/1発売
項目別過去問対策の定番「ウォーク問過去問題集」。持ち運び便利なコンパクトB6サイズで、いつでもどこでも学習できます。(引用:Amazon)

さすがに⬇️一般知識等の過去問までは必要ないと思いますが…


1,650円【東京リーガルマインド】2020/2/1発売
本書の特徴①『合格基本書』にリンク!学習効率アップ!②過去問10年分を項目ごとに分類③予備校のLECだからできる受験者正答率を表示!④学習効率を高めるアドバイス掲載!⑤最新の法改正に対応!(引用:Amazon)


第2位『挫折知らず!コンパクト行政書士 基本テキスト』資格スクエア

そして第2位は『資格スクエア』が有料講座で使っている公式テキストとさせていただきました!

なかなか本屋では見かけない本テキストではありますが、2019年版を見る限りでは、赤と白をベースにした構成で非常に読みやすくて良いテキストだと感じました!

イラストも豊富ですし、初学者の方でも理解しやすい内容になっていると思いますよ。おすすめです!


3,080円【プラチナ出版】2020/2/3発売
2020年・民法大改正に完全準拠!初学者向け合格メソッドを取り入れた決定版基本書。身近な具体例とゴロ合せで楽しく勉強。基本の民法から始める新学習カリキュラム。安心のアフターフォロー付き。(引用:Amazon)

こちらのテキスト&問題集はセットでどうぞ!


2,860円【プラチナ出版】2020/3/2発売
過去問+オリジナル問題、この1冊でOUT PUT完結!これが資格スクエアの誇る解法メソッド!令和元年度問題も項目別に収載‼︎(引用:Amazon)


第3位『うかる!行政書士』伊藤塾

やはり法律系の資格予備校といえば『伊藤塾』ですよね。私も受験の際には最終模試などで大変お世話になった信頼できる資格予備校さんです!

テキストの内容的には第1位にしようかと思ったのですが、如何せん私の苦手なフルカラーなんですよね…

「いや、私はフルカラーが良いんだ!」という方には、この伊藤塾のテキストが良いのかも知れません。巻末に「六法が付属」している点も魅力です!


3,300円【日本経済新聞出版社】2019/12/20発売
大型書店チェーンの行政書士試験対策・基本書で売上No.1!法律に強い伊藤塾の講義エッセンスを1冊に凝縮!民法改正に完全対応。使いやすい「ハンディ行政書士試験六法」付き!(引用:Amazon)

こちらのテキスト&問題集はセットでどうぞ!


2,860円【日本経済新聞出版社】2020/1/23発売
大型書店チェーンの行政書士試験対策・問題集で売上No.1!法律に強い伊藤塾が厳選した確度の高い「過去問+オリジナル問題」で難関試験突破を目指す!合格に直結する高配点の記述式問題を多数収録。(引用:Amazon)

個人的に⬇️試験対策として「入門編」は必要ないのでは?と思っていますが、徹底的に法律を学びたい方はどうぞ!


1,760円【日本経済新聞出版社】2019/11/14発売
行政書士試験の全体構造がよくわかると評判の「入門ゼミ」が、フルカラーでリニューアル!本格的な学習を始める前に、まずはこの1冊で基礎固めを!(引用:Amazon)


第4位『合格革命 行政書士 基本テキスト』行政書士試験研究会

続いては、独学テキストの定番といっても過言ではないほど有名な「合格革命シリーズ」の登場です!このシリーズのラインナップの豊富さは群を抜いていますよね!

正直、こちらのテキストもフルカラーでなければ、もっと上位にしようかと思ったほどに内容は充実していて良いテキストだと感じました!

ただ、私的にはフルカラーであることが読みやすさを阻害してしまい、暗記用に用意されたであろう「赤シート」なんて使おうとさえ思いませんでしたから…もう完全に好みの問題なんですけどね。


3,300円【早稲田経営出版】2020/1/11
出題傾向を徹底分析した基本書!全ページカラー 合格に必要な知識を、わかりやすい解説で完全網羅!「十分な知識量」と「読みやすさ」を兼ね備えた最強のテキストです。(引用:Amazon)

テキストと問題集は同じシリーズで使った方が効率的だと思いますよ!


2,860円【早稲田経営出版】2020/1/11
過去問+オリジナル問題で重要論点を完全マスター!出題傾向を徹底分析、合格突破に必要な問題を厳選!本書は絶対に押さえておくべき重要過去問を中心に出題しつつ、過去問では不十分なテーマはオリジナル問題で補充しています。(引用:Amazon)


1,650円【早稲田経営出版】2020/3/19
基礎編→応用編の2段階構成の「今までにない」記述式・多肢選択式問題集!独学でしかも効率的な問題対策をしていただくための、今までにない「革命的」なスタイルの問題集です。(引用:Amazon)


4,180円【早稲田経営出版】2020/1/11
昭和63年から最新の令和元年までの本試験問題の法令科目について、肢ごとに分解し、科目別・体系別に並べ替えた一問一答式の過去問集!(引用:Amazon)


1,980円【早稲田経営出版】2020/2/28
「基本テキスト」の重要ポイントを、オリジナル問題1000問で総チェック!知識確認に最適な一問一答形式!暗記用赤シート対応です。(引用:Amazon)

別にスタートダッシュなんて決めなくても大丈夫なので、お金に余裕がある方だけ買ってみても良いのでは?


1,760円【早稲田経営出版】2019/10/20
「最初の1冊」で差をつける!行政書士試験対策の「学習のスタートダッシュ」として最適!単なる「入門テキスト」ではありません!全ページカラーの解説!重要項目を収録!(引用:Amazon)

スポンサーリンク

第5位『行政書士 合格のトリセツ』野畑淳史

本屋で一際「その分厚さ」が目を惹くこちらのテキスト&問題集「トリセツシリーズ

資格予備校「LEC東京リーガルマインド」の有名講師である野畑淳史先生が手掛けられた新シリーズのようですね。

全体的な印象としては、完全に「初学者向け」といった感じがしました。初めて法律を勉強する方には良いテキストなのかも知れません。

ただ、イラストがふんだんに使われており、私的には「もっと端的に説明して欲しい」と感じる部分も多々ありましたが…


3,300円【東京リーガルマインド】2020/1/28発売
①とにかく分かりやすいこと②無理なく読み進められること③合格レベルの知識を身に付けられること、の3点にとことんこだわり、合格に必要な知識を集約した充実の一冊です。(引用:Amazon)

こちらのテキスト&問題集はセットでとうぞ!


2,640円【東京リーガルマインド】2020/1/28発売
2020年民法改正に完全対応!過去問とオリジナル問題で構成された220問を収録した問題集。本書は『行政書士 合格のトリセツ 基本テキスト』に完全リンクしています。(引用:Amazon)


第6位『みんなが欲しかった!行政書士』TAC行政書士講座

この「みんなが欲しかったシリーズ」も独学テキストとしては定番中の定番ですね!

もう完全に好みの問題だとは思うのですが、イラストや図解説明が多くて私は少しチープな感じがしてしまいました…ただ「イラストを交えながら楽しく勉強したい!」という方にはおすすめです!

ミニ六法」なんてものも付いていますし、分厚いテキストを分冊したりできるので使い勝手は良いとは思うのですが、フルカラー+イラストの構成はどうにも好きになれない私なのでした。


3,300円【TAC出版】2019/12/25発売
フルカラー板書でイメージしやすく理解しやすい5分冊可能な行政書士テキスト!「みんなが欲しかった!行政書士シリーズ」の根幹となる基本書です。(引用:Amazon)

テキストと問題集は同じシリーズで使った方が効率的だと思いますよ!


2,860円【TAC出版】2019/12/25発売
過去問&オリジナル問題を厳選した、トレーニングのための基本問題集。『みんなが欲しかった!行政書士の教科書』でインプットした知識を「解答する力」として身につけるための問題集です。(引用:Amazon)


3,080円【TAC出版】2020/1/22発売
行政書士試験の法令科目に出題可能性のある重要判例を厳選して収録!憲法、民法、行政法、商法の判例を掲載!(引用:Amazon)


2,750円【TAC出版】2020/2/27発売
平成27〜令和元年度の本試験問題を、TAC講師陣の詳しい解説付きで、新しい年度順に掲載した過去問題集!(引用:Amazon)


2,420円【TAC出版】2020/2/15発売
過去問題の選択肢を重要度にランク付けし、体系的に並べ替え!一問一答式で過去問題を攻略!本書を繰り返すことで、ムダを省きつつ、重要度を考慮した効率的な過去問学習が可能となります!(引用:Amazon)


1,650円【TAC出版】2020/1/22発売
行政書士試験で出題頻度が高い150項目の重要論点のみを「1テーマ見開き完結」の図表中心の構成でまとめた要点整理型テキスト!持ち運びながら暗記するのに便利です。(引用:Amazon)

「はじめの一歩」を既に踏み出した皆さんには必要ないかな?とは思いますが…


1,760円【TAC出版】2019/11/15発売
本書は「みんなが欲しかった!行政書士シリーズ」で行政書士試験合格を目指す方への最初の1冊となる、オールカラーの入門書です。オリエンテーション編と入門講義編の2部構成で、行政書士の全体像をしっかりつかむことができます。(引用:Amazon)


第7位『行政書士 しっかりわかる 講義生中継』TAC行政書士講座

第6位で紹介した「みんなが欲しかった!シリーズ」同様にTAC行政書士講座&TAC出版のテキスト&問題集となります。

まぁ位置付けとしては「各主要科目別に詳しく解説したテキスト」といった感じになるのだろうとは思いますが、これをあえて出版した理由って何かあるんですかね?ちなみに第8位もTAC出版なのですが…

一通り中身を拝見させていただきましたが、これなら「みんなが欲しかった!シリーズ」の基本テキスト1冊を買った方が、価格的にも良いのでは?なんて感じた次第でございます。


2,200円【TAC出版】2019/12/1発売
行政書士試験の最重要、かつ、難関科目である行政法を、生講義以上に詳しくてわかりやすく解説した一冊!(引用:Amazon)


2,200円【TAC出版】2020/3/27発売
行政書士試験の最重要、かつ、難関科目である民法を、生講義以上に詳しくてわかりやすく解説した一冊!(引用:Amazon)


1,980円【TAC出版】2019/12/1発売
行政書士試験の重要科目である憲法を、生講義以上に詳しくてわかりやすく解説した一冊!(引用:Amazon)


1,980円【TAC出版】2019/12/1発売
行政書士試験の難関科目である商法・会社法を、生講義以上に詳しくてわかりやすく解説した一冊!(引用:Amazon)


第8位『スッキリわかる行政書士』TAC行政書士講座

これまたTAC行政書士講座&TAC出版のテキスト&問題集となります。

「どうしたんだTAC?内部分裂でもしているのか?」なんて気になってしまいますよ…はっきり言って「みんなが欲しかった!シリーズ」にもっと注力した方が良いのでは?

そんなお節介なことを考えてしまった今日この頃。フルカラーは嫌だ!という私のために2色刷りのテキストを作ってくださったのかも知れません…


3,080円【TAC出版】2019/12/26発売
ゼロ・スタートから合格を目指すために、行政書士試験で出題される論点を極限まで絞り込んだ“最強の行政書士テキスト”です。わかりやすい解説と、確認テスト・実力チェックテストで確実に知識を身につけられます!(引用:Amazon)


2,200円【TAC出版】2020/1/22発売
実際に出題された本試験問題を題材に、頻出過去問「164問」をどのように解いたらよいのか、問題文の読み方から肢ごとの解き方まで徹底的にていねいな解説!(引用:Amazon)


まとめ

さて、ここまで「行政書士試験対策|独学の方におすすめしたい市販の基本テキスト&問題集【最新版】をランキングで紹介!」と題して、様々な市販テキスト&問題集をご紹介してまいりましたが、皆さんにとって魅力的なテキスト等は見つかりましたでしょうか?

今回の記事を書くにあたっては、色々な大型書店を歩き渡ったり、友人・知人に過去のテキストなどを見せてもらったりしながら、なるべく自分自身で手にとって、実際に内容確認したうえでランキング化してみました!

ただ、このランキングはあくまで私個人の好みが多分に含まれた内容となっていることは拒めません。ですから、この記事を参考にしていただきながらも、なるべく最後はご自身の目で確かめてからご購入等の判断をしてくださればと考えております。


それでも少なからず、この記事が皆さんの何かのキッカケとなって、何かの役に立ってくれれば本当に嬉しく思います。


さて、こんな長文記事にも関わらず、最後までお読みくださった皆様、本当にありがとうございました!

スポンサーリンク