【Go To Eat(ゴートゥーイート)】キャンペーンを使って『エビスBar』に行ってみたら超絶お得だった件!

f:id:arikitakansha:20201018102713j:plain:w500:h300

ゴートゥーイート・キャンペーンを実体験したので解説します!

さてさて、Go To キャンペーンなんてモノが開始されてから、幾ばくかのときが過ぎましたが、皆さんはこのキャンペーンを活用されていますか?

まぁ次から次へと問題が勃発している「Go To トラベル」「Go To イート」「Go To イベント」などの一連のキャンペーンを指すわけですが、なんとこの事業には総額1兆6,794億円もの予算がつき込まれているそうです。


仮に日本の総人口(1億2,581万人)で割ったとしても、1人あたり約13,350円もの負担を強いられる一大ビックイベントとなっているのですから驚きますよね。

でもこの財源って我々から徴収した税金なんでしょ⁉︎だったら、もっと有効的な使い方があったんじゃないの?なんて考える人も多いのではないでしょうか?

このコロナ禍で「旅行に行きましょう!」「外食しましょう!」「イベントに出かけましょう!」って、これで感染拡大したら、いったい誰が責任とってくれるんでしょうかね?


なんてグチグチ愚痴っている私ではありますが、なんやかんや言ってもこのキャンペーンは「使わなきゃ損」という思いを抱かせることも事実です。

ですから、結局この度、初のゴートゥーイート・キャンペーンを利用してみた私。


まぁそうしたら否定派の私でさえビックリする程の「お得感」だったわけで、これは皆さんにも知っていただいた方が良いだろうと思い、今回の記事を執筆してみることにした次第です。

スポンサーリンク

『Go To Eat』を簡単解説

Go To Eat』キャンペーンはその名のとおり『Go Toキャンペーン』の一環であって、感染予防対策に取り組みながら営業している飲食店などを支援するための国策です。

関連リンク

農林水産省の公式サイト「Go To Eat キャンペーン事業について

そしてその支援方法は以下の2パターンあるのですが、「プレミアム付食事券」については事前に食事券を購入してそれを金券として使うだけのことなので、今回は特に取り上げていません。

一方「オンライン飲食予約」については少し複雑な部分もあったりするので、今回はコチラのキャンペーン制度について解説してまいります。

f:id:arikitakansha:20201018102757j:plain:w500:h200
f:id:arikitakansha:20201018102813j:plain:w500
f:id:arikitakansha:20201018102825j:plain:w500:h200
f:id:arikitakansha:20201018102841j:plain:w500


まぁ解説すると言ったところで、⬇️この“ぐるなび”の「キャンペーン参加方法」をお読みいただければ、大体のことは理解してもらえると思うんですけどね。

f:id:arikitakansha:20201018102912j:plain:w500

要は『ぐるなび』や『食べログ』や『ホットペッパーグルメ』や『Yahoo!ロコ』といったグルメサイトに登録し、そのサイトからGo To Eat 対象店にネット予約のうえ来店して、ランチなら500円以上、ディナーなら1000円以上の飲食をしてお会計をすれば後日、以下のようなポイントが付与されるというものです。

f:id:arikitakansha:20201018102926j:plain:w500


『Go To Eat』の使い方など

Go To Eat”キャンペーンを利用しようとするならば、まずはグルメサイトに登録しなければなりません。

とは言っても『Go To Eat』の対象グルメサイトは13社もあるので、どこに登録しようか悩むところですよね。


とあるお店では『食べログ』のみに掲載されていたり、とあるお店では『ぐるなび』のみに掲載されていたりするのですが、まぁ大手4グルメサイトぐるなび食べログホットペッパーグルメYahoo!ロコ)に登録さえしていれば、たいていの対象店舗は網羅しているような気がします。

f:id:arikitakansha:20201018102953j:plain


ちなみに私がいつも利用している飲食店は『食べログ』にしか掲載されていませんでした。

また、1度は行ってみたかった我が家の近隣店舗『Eggs'n Things Coffee』においては、“Go To Eat”の対象店にさえなっていませんでした。


自分が行きたいお店が対象店なのか、対象店だとしてもどこのグルメサイトに掲載されているのか、それを知るだけでも何気に一苦労だったりするんですよね…

ですから、まずは『ぐるなび』『食べログ』『ホットペッパーグルメ』『Yahoo!ロコ』あたりに登録して、どんなお店が“Go To Eat”の対象店になっているのかを調べることから始めてみるのが良いと思います!

ただ、絶対に忘れてはならないのはお店を予約するときに電話予約は対象外だということです。利用する際には、必ずネット予約にしてくださいね!

スポンサーリンク

初の『エビスBar』利用は超絶にお得だった!

私が以前から行ってみたかったお店。

それが樽生エビスビールが全種類飲める魅力的なお店『エビスBar』です!

f:id:arikitakansha:20201018103016j:plain:w500:h300

このお店がこの度の“Go To Eat”対象店になっているなんて知れば、そりゃあキャンペーンを活用して訪問しちゃいますよね。

てなわけで、我が家から比較的近い『エビスBar』にネット予約のうえお邪魔してきました!


f:id:arikitakansha:20201018103042j:plain:w500:h350
f:id:arikitakansha:20201018103105j:plain:w500:h300

おつまみもビールも美味しいです!なんとも贅沢なひと時ですね。

f:id:arikitakansha:20201018103119j:plain:w500:h300

そして初めて「エビスバーアプリ」をインストールした人に対しては、なんと好きなビールが1杯無料となるクーポンが付与されます。これはお得です!

f:id:arikitakansha:20201018103132j:plain:w500:h350

さてさて2人でお邪魔して、ビールを2杯ずつ飲んで美味しいつまみも食べて、本来はお会計が4,268円のところ、Go To Eat キャンペーンのポイント還元が2,000円分、アプリのクーポン利用でビールが1人1杯無料となりました。


その結果、私の実質的な支払額は2人分で794円ということになったのです!な、なんと、これを割り勘にしたら1人あたり397円になるんですよ。

まさに、Go To Eat キャンペーン恐るべしです!

まとめ

ここまで、【Go To Eat(ゴートゥーイート)】キャンペーンを使って『エビスBar』に行ってみたら超絶お得だった件!と題して、そのお得さっぷりをお伝えしてまいりましたが、如何だったでしょうか?


まだまだコロナ感染拡大の懸念が払拭されたわけではないため「地方に旅行に出かけるのは少し抵抗あるな」なんて考えている私も、近所で妻と2人、外食する分には良いかな?なんて考えたりしています。

感染対策を十分にして「お得で美味しく楽しい時間」を過ごしてみるのも悪くないですよね?

そしてこのキャンペーンが、本当の意味で飲食店の助けになることを願いつつ、この記事を書き終わりたいと思います。いつも最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。


※《Go To Eat キャンペーンに関する留意事項

ポイント付与の制限について

ぐるなび』1日2回、月10回まで

食べログ』月刊20000ポイントまで

Yahoo!ロコ』1日2回、1予約10名まで

ホットペッパーグルメ』特になし

ポイントが付与されるまでの日数について

ぐるなび』来店日の翌日から8日目

食べログ』来店翌月の10日頃

Yahoo!ロコ』来店日から7日後

ホットペッパーグルメ』来店日から7日前後

付与されたポイントの有効期限について

ぐるなび』付与日から60日間以内

食べログ』一律3月31日まで

Yahoo!ロコ』付与日から60日間

ホットペッパーグルメ』付与日の翌々月末まで