松屋フーズが回転寿司業態に進出!『すし松』の実力は如何ほどなのかを調査!







松屋のお寿司屋『すし松』に突撃!

前回⬇️コチラの記事で食レポした、松屋の新たなラーメン業態『松軒中華食堂

今回は、その『松軒中華食堂』を訪れるより前に足を踏み入れていたお店、松屋フーズの新たな回転寿司業態『すし松』さんの食レポをお送りしてまいります!

ちなみにこの『すし松』、未だ東京都内及び埼玉県内に僅か9店舗しか存在しない超レアなお店なのです!

とか言いながら『松軒中華食堂』は東京都内限定で5店舗だけの、もっとレアなお店なのですが…

まぁ兎にも角にも、松屋フーズの新たなブランド『すし松』も『松軒中華食堂』も、さらには松屋のカレー屋『マイカリー食堂』や『ステーキ屋松』などもまだまだ手探り状態であることは間違いなさそうですね。


スポンサーリンク


それでは、松屋のNEWブランド『すし松』へ!

お店の公式HPによると『すし松』は⬇️こんなお店なのだそうです。

「価値以上の価値ある商品をお客様に」というコンセプトのもと、毎日、魚市場からの直送配送により、新鮮なネタをお値打ち価格でご提供!
「駅前、商店街立地を中心とした店舗展開」、「回転鮨形態での商品提供」により、お子様からお年を召した方まで、幅広い年齢層の方々からご満足いただける商品ラインナップで、皆様のご来店をお待ち申し上げております。

う〜ん…なんだか分かったような分からないような、個性がありそうでなさそうな…

結局のところ何がお店の「ウリ」なのか、そんなことは全く理解できないまま、とりあえず「旨い寿司でも食べようか?」と意気込んで、かっぱえびせん的な看板の『すし松』へレッツらゴーと相成りました!


グランドメニューです!


ランチメニューもあるようです!


晩酌セットなんてものまでも!


さてさて、店内には各カウンター席・テーブル席ごとに「注文モニター」が設置されています。

もう本当に最近の『松屋フーズ』は、良くも悪くも完全セルフが徹底されてますね。

「人手不足」「経費削減」「業務効率化」こんなキーワードに対応するが故の『松屋フーズ』が考える新たなカタチなのだとは思うのですが…

それでも、後から来店された1人客の年配女性はモニターの使い方が分からなくて、頻繁に店員さんを呼んだりして困っていましたよ…

最近の松屋フーズは「やりすぎ」感が強いですよね。そのうち無人飲食店舗でも作る気でしょうか?

スポンサーリンク

まぁそんな小言はさて置いて、店内を見渡してみますと「寒ブリ祭り」なんていうポスターを発見しましたよ!とても美味しそうだし、お得みたいなので迷わずオーダーを!

5分程すると、レーンに乗った「寒ブリと本鮪の六貫盛り」が登場しました!

おっ!と忘れてましたよ。お寿司といえば「あら汁」は絶対に外せない私。モニターでポチッと追加オーダーしておきました!

寒ブリと本鮪の六貫盛り 979円

これはネタも新鮮で、とても美味しかったです!

自家製魚のあら汁 209円

「あら汁が209円?安い!」と喜んだのも束の間…

味が薄すぎ?ぼやけすぎ?出汁感なさすぎ…これは残念。

まぐろ握り 154円


おっ!これは154円なら大満足!!

いやはや、総じて美味しいお寿司でした!きっと我が家の近くにあれば頻繁に利用させて頂くと思います。


ただ、ここまで徹底してセルフサービスにこだわるのであれば、もう少し「価格の方も頑張って欲しかった!」というのが正直なところです。


もしウチの近所に『スシロー』と『すし松』があったなら、おそらく私は『スシロー』を選んでしまうような気がします。

ただ、『すし松』と『くら寿司』なら、『すし松』を選ぶかも知れません。まぁ個人的な好みですが…