松屋フーズがラーメン業態に進出!『松軒中華食堂』の実力は如何ほどなのかを調査!







松屋の新たなラーメン業態に突撃!

西武線もしくは都営大江戸線の「練馬駅」を降りて中央口を出ると、こんな衝撃的な光景が目に飛び込んで来ました!

まさに松屋ワールド!と言わんばかりの店舗構成。左から「お寿司の松屋すし松」「ラーメンの松屋松軒中華食堂」「牛めしの松屋松屋」、そして写真には写ってませんが、少し先には「とんかつの松屋松乃家」が立ち並ぶ、松屋ランドがそこにはあったのです!


いやはや「この機会は逃してはならぬ!」ということで、『すし松』からの『松軒中華食堂』を連食するという暴挙にでた我が家ではあるのですが、まずは『松軒中華食堂』の食レポから先行してお届けします!続いて『すし松』の食レポもアップしますので、しばしのお待ちを!

スポンサーリンク


それでは『松軒中華食堂』へ!

少しだけ「お寿司」でお腹が満たされた私と妻は「よし、次はラーメン食べるぞ!」と意気込んで『すし松』の2階にある『松軒中華食堂』に突撃してみました!



店内は完全セルフサービスとなっており、オーダーも卓上のモニターを使用するという徹底ぶりですね。

お会計の際も卓上モニターのボタンで知らせた後に番号札みたいなものをレジまで持って行くという「なんだかなぁ…」的な無味乾燥なシステムとなっております。


グランドメニューです!



さて私が注文したのは、このお店の実力を知るにはベストなメニューと思われる「醤油ラーメン・炒飯・餃子の3点セット

定番中華ハーフ3点セット 704円


オーダーしてから約5分、最初に「炒飯」が提供されました。

それでは一口いただきます!と食べてみたのですが…「塩っぱい!」これは塩っぱいでしょ⁉︎配分間違えました?機械で作っているのでは?まさかの若者向け高塩分料理ですか?これは…

続いて「醤油ラーメン」です。

一口食べてみますと、、、これって「エースコックわかめラーメン」ですよね?えっ??違うんですか???

そんな感じでした。


そして最後に提供された「餃子」です。


何だかジューシーさではなく、水っぽさがありましたが…

う〜ん、、、「日高屋」や「幸楽苑」って安くて美味しいんだなぁと改めて感じさせられました。

スポンサーリンク

最後の期待と願いを込めて、私の大好きな「担々麺」も注文してみました!

担々麺 715円


もうこれ以上、私が『松軒中華食堂』について語ることは何もありません…

なぜ松屋が、このレベルのお店を展開しようと思ったのか疑問です。


まぁ食に関しては好みの問題もあるのでしょうから、これはあくまでも私一個人の感想ですが…

大好きな『松屋』が展開する中華ブランドで期待していただけに、とても厳しい評価となってしまいました。申し訳ありません。