【 やよい軒 VS 大戸屋 】生姜焼き対決!本当に美味しい定食屋はどっちだ?

先週末、妻と2人で「美味しいカレーでも食べに行こうよ!」なんて話した結果、我が家からは少し距離はあっても「美味しい!」と評判の人気カレー店に向かうことにしました。

真冬のクソ寒い中、いい歳した大人2人が自転車を漕いでお店に向かってみたのですが、到着した我々は驚きましたよ。

もう完全にお店の人気っぷりを侮っていましたね。その行列を見るや否やそそくさと退散して来ました…


「お昼ごはん、どうしよっか?」なんて呟く妻

そうだ「やよい軒に行こう!

思わず発した私のその一言が、これから始まる世紀の対決を導くことになった。そう言っても過言ではないのでしょう。




やよい軒と大戸屋の対決が勃発!

最近は非常に便利な時代になりました。

24時間、いつでも美味しい牛丼が食べられるようになったと思いきや、その牛丼店でも「定食」が食べられるようになりましたからね。

“THE KING OF 定食”と呼ばれる「生姜焼き定食」だって、町の定食屋ではなく、牛丼チェーンで食べられるようになるなんて、一昔前までは考えられなかったですから…


それでも「餅は餅屋」そう考える私は、「生姜焼き定食を食べるのであれば定食屋で食べたい!」そう考える人間なのであります。

「定食屋」と言えば、皆さんは何処のお店を思い浮かべますか?
そうです。あの2大巨塔となる定食チェーン店の名をあげる人が圧倒的に多いのだと思います!

まぁそんなこんなで、この世紀の「生姜焼き対決」なる2大定食チェーン店対決が、私の中で勃発したのであります!

今回は、やよい軒の「しょうが焼定食640円」と大戸屋の「四元豚の生姜焼き定食950円」を食べ比べ、味の違いをお伝えすると共に、どちらが美味しいのか「生姜焼きを制する本当に美味しい定食屋」を決める世紀の対決が開幕したのであります!


それぞれの運営会社などを紹介!

それでは世紀の対決を始める前に、それぞれのプロフィール的なモノ(会社規模や店舗数など)を簡単に紹介してみたいと思います。

やよい軒

f:id:arikitakansha:20191227210922j:plain:w500:h150

日本国内に380店舗、海外に149店舗(2019.12月現在)

お弁当で有名な「ほっともっと」などを運営している東証一部企業(株)プレナスが主体となって展開しています。

(株)プレナスは売上高連結1,539億円(2019.2月)、総店舗数2,913店舗(直営店1,160、加盟店1,753)を誇る一大企業ですね。


やよい軒のおすすめポイント!

炊き立てごはんを中心に、味噌汁、おかず、副菜を1つの御膳でバランス良くまとめた「一汁三菜」スタイルを基本としています。保存料・合成着色料不使用。f:id:arikitakansha:20191229093501j:plain:w400:h250

www.yayoiken.com

大戸屋

f:id:arikitakansha:20191227210934j:plain:w500:h150

日本国内に353店舗、海外に110店舗(2019.3月現在)

定食店「大戸屋ごはん処」の運営等を行うジャスダック上場(株)大戸屋ホールディングスが主体となって展開しています。

(株)大戸屋ホールディングスは売上高連結で257億円(2019.3月)となる中堅企業となります。


大戸屋のおすすめポイント!

セントラルキッチンを持たずに栄養バランスにこだわり、体にいい食材だけを出来る限り使用し、各店舗で仕込みも調理を行っています。

f:id:arikitakansha:20191229092928j:plain:w400

www.ootoya.com


やよい軒の「生姜焼き」が登場!

それではまず「やよい軒の生姜焼き」が登場です!

コチラでは「生姜焼き」を「しょうが焼」、定食メニューの中でも最安値かつメニューの1番最初に表記しているのは、個人的に好印象です!

f:id:arikitakansha:20191229072935j:plain:w500:h320

しょうが焼定食 640円

f:id:arikitakansha:20191227205511j:plain:w500:h330

生姜焼きで「もやし」が入っているのって珍しくないですか?

まぁ人によっては「もやし」でボリューム感をだしてコスト下げてるんじゃないの?なんて言うのでしょうが、まぁ実際にそうなのでしょうね。

「もやし」を入れたことで、意外と水っぽいかな?と思って一口いただいてみましたが…

めっちゃ味付けが濃い!こりゃご飯が進むね。

f:id:arikitakansha:20191227205710j:plain:w500:h320

本当に濃い味付けで、私なんかは付け合わせの野菜と一緒に食べないと濃すぎる感じでした。

まぁ「ほっともっと」がベースになっているのでしょうから、こんな濃い系の味付けなのでしょうね。

客層もガテン系の方や、若い方が多かった印象です。

ご飯おかわり自由」なので食べ過ぎに注意ですね!

大戸屋の「生姜焼き」が登場!

さて続いては「大戸屋の生姜焼き」が登場です!

非常に見にくいメニューの写真となってしまいましたが、コチラの生姜焼きはメニューN0.26となっており、メニュー表の中位に表記されています。

f:id:arikitakansha:20191229072953j:plain:w500

四元豚の生姜焼き定食 950円

f:id:arikitakansha:20191227205737j:plain:w500:h300

四元豚なんて高級な豚肩ロース肉を使用し、それを醤油麹に漬け込んで旨味をアップさせると言う調理方法を取り入れているようですね。

そして豚肉以外には「ニラと玉葱」が入っており、見た目には「王道の生姜焼き」なのかな?という感じですが、さぁ一口いただいてみます…

???めっちゃ薄味…こりゃ味が薄すぎませんかね?

f:id:arikitakansha:20191227205723j:plain:w500:h320

麹で味がまろやかになり過ぎましたか?調味料を何か入れ忘れましたか?健康志向であえて薄味なのでしょうか?

醤油味なのか、はたまたケチャップ味なのか、方向性が明確ではない味付けなので、玉葱の苦味が際立っていた気がします…


ごはんは「五穀ごはん」か「白ごはん」から選択することが出来て、大盛りが無料となっています。これは有り難いですよね。

f:id:arikitakansha:20191227205823j:plain:w500:h320

ちなみに、やよい軒でも「もち麦ごはん」に変更することは出来ますが、その際には+30円の追加料金が必要となります。ただ「白ごはん」はおかわり自由という素晴らしいシステムなのです!




さて、勝者は?

価格だけをみると、【640円 VS 950円】なので、圧倒的に「やよい軒」に分があります。セルフサービスか否かの差はありますが、それでもこの価格差は大きいですね。

味付けに関しては、【濃い VS 薄い】となっており、ご飯がすすむという点については「やよい軒」も、健康志向という視点に立つと「大戸屋」なので、どちらも一長一短と言うことで引き分けですかね?

トータル的に考えて「どちらを食べたいか?」と聞かれたら、正直「体調によるかな?」そんな回答になりそうです。

なんだか微妙な判断となってしまいそうなので、この両店の中間的なお店ってないの?なんて考えてしまいましたが…


あっ!あります、あります、ありましたよ!

と、ここで登場です!みんなの台所『松屋』が!

松屋・豚肩ロースの生姜焼定食 660円

f:id:arikitakansha:20191228160133j:plain:w500


おいおい「餅屋は餅屋」だなんてそんなこと言ってただろ⁉︎

結局は「牛丼チェーン」を選んでんじゃねえか!

ここまで読んだ時間を返せ!

皆さんの批判はごもっとなのですが、仕方ないのです…
だって松屋の生姜焼きが1番美味しいですもん。

なんてオチだ!なんて怒らず、寛大な気持ちでお許しください。

最後までお読みいただいた結果が『松屋』だなんて、ごめんなさい。

松屋は定食屋じゃないですもんね…ちょっと無理のある「生姜焼き頂上決戦」でしたかね?

お詫びに次回は『松屋VS吉野家』の牛丼対決でもやりましょうか?

なんて冗談はさて置き、いやはや最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。


FODプレミアム

年末年始は無料で楽しく過ごしませんか?
おすすめです!