令和元年「行政書士試験」において没問の公表があったり、記述式の添削結果が出たりで再度結果を振り返る!

f:id:arikitakansha:20191205152941j:plain:w400:h250
行政書士試験の実施機関から突然に「没問」の公表があったコト。

資格予備校の無料添削サービスで、心優しき予備校さんが私の記述式解答を添削してくれたコト。


まぁそんなコトがあった訳で、何やら一応ではありますが、令和元年・行政書士試験における私の「根拠ある自己採点結果」が出たコトとなったため、本日、ここにその結果を公表させて頂きます!

アガルートアカデミーさん、模試を受けただけの私の記述式解答を添削してくださり、本当にありがとございました!

という訳で、私の試験結果に興味のある方も、まぁそんなに興味があるワケではない方も、この記事を最後までお読み頂ければ幸いです。

スポンサーリンク


では早速、以下、目次となります。

没問の公表

なんだか突然の公表で本当にビックリしたのですが、11月29日に行政書士試験の実施機関となる「一般財団法人行政書士試験研究センター」のホームページにて、下記の文章が公表されました。

f:id:arikitakansha:20191204192251j:plain

私は「没問」のコトをSNSで知ったのですが、正直、嬉しいような嬉しいような嬉しいような、でも少しだけ複雑な心境でした。

この問題の正解を④にしていた私としては、不正解扱いになっていたモノが正解となった訳ですから、そりゃあ嬉しいですよ!

合格できるかどうかギリギリラインに立っている身としては、この1問正解となる+4点は非常に大きいですからね。

しかし、本来の正解である③を選んでいた人からすれば心中穏やかではないですよね?

行政書士試験は本来、180点取れれば合格できる絶対評価試験ではありますが、如何せん「記述式」の採点方法が不明確であって、これが合格率を調整するのに使われているとかいないとか、なんだかブラックボックス的な感じがある訳です。

だからこの不明確な記述式採点があるが故に、今回の没問で平均点が上がってしまい、記述式の全体的な採点がシビアになって自分の合格ラインが遠のいてしまう。そんな不安を抱えてしまう人が多数いても、それは仕方のないコトなのだと思います。


話しに聞くと、これで2年連続での「没問」のようですし、そもそも試験問題のチェック機能ってないんですかね?

それくらいのコトは改善してくれなければ公正性に欠けますし、我々が必死になって勉強した成果を正当に判断する責任は絶対にあると思いますから、総務省主導でもなんでも良いので頼みますよ、本当に。

記述式の添削結果

さて、ここからは私個人の記述式添削結果が「どうだったのか?」について見ていきたいと思います。

行政書士試験で大きな配点を占める「記述式」の予備校添削(byアガルートアカデミー 林裕太 講師)の公表です!

皆さんもご存知のとおり、記述式は1問20点×3問=60点(計300点満点中の20%)もの配点があって、この採点が合否を大きく左右するため、答え合わせの際には緊張しますよね。

では、まいります!

問題44

何を聞かれているのかスグに理解しましたし、条文にならって記述したつもりだったので自信あったのですが…

う〜ん、半分の10点しか貰えませんか…

f:id:arikitakansha:20191204192310j:plain:w500:h650


問題45

はい、これは予想論点が的中したので自信を持って記述しました!

20点満点という結果に大変満足しています!

この結果が、そのまま実際の採点に反映されますよう願ってます!!

f:id:arikitakansha:20191204192320j:plain:w500:h650


問題46

全くトンチンカンな解答でした。0点です。

試験会場で頭に浮かんだのは、この解答の「指図による占有移転」と「代諾縁組があるから代諾契約もあるかな?」なんていう感じでした。

どちらも間違った答えなのに「どっちを書こうか」迷った自分が情けない…時間の無駄でした。

f:id:arikitakansha:20191204192330j:plain:w500:h650


令和元年度・行政書士試験の自己採点結果

それでは、これまでの自己採点等結果をまとめてみると下記の点数となります。

1)上記の記述式採点が 30点

2)択一の自己採点が 154点

3)この度の没問加算点が 4点


これでトータル188点となって、自己採点上は180点を超えているので合格というコトになります!

あくまで自己採点上の点数なのですが、この結果なら合格できたのでは?と淡い期待は持っていますが如何なのでしょうか??

まとめ

あと約1ヶ月少しで行政書士試験の合格発表となる訳ですが、もう本当に発表されるまで合否が分からないモヤモヤ感を引きずりますね。

やはり行政書士試験は択一問題だけで180点を狙うのがベストです!

って、それが難しいのですが、択一で180点を超えている人が羨ましいですよ本当に。精神的に健康な日々を過ごせますからね。


もし不合格だった時には資格予備校生涯学習のユーキャン「行政書士講座」の資料請求をしてみたりして、改めて勉強戦略でも練り直しますよ!


なんて考えつつも、私の場合は何より来年の社労士試験に向けて、そろそろ本気で勉強開始しなければマズい時期に突入してきました…

2年目となる来年こそは、絶対に合格しなければならないのです!今年味わった屈辱は晴らさなければなりませんから…

う〜ん、そうと頭では分かっていても、やはり行政書士の合格発表までは集中できそうもない今日この頃だったりするので、本当に困ったものです。



この無料書籍、貰っておいて損はないですよ!
数に限りがあるようなので、お早めにどうぞ。


スポンサーリンク