商法・会社法(行政書士試験のマイナー科目)の攻略法を本試験まで残り9日の今だからこそ考えてみる!

f:id:arikitakansha:20191101091904j:plain:w400

行政書士試験におけるマイナー科目【商法・会社法】を攻略する⁉︎

全60問で300点満点となる行政書士試験のなかで、僅か5問の出題・20点の得点配分(6.7%)しかない【商法・会社法】というこの科目は、配点の割には内容が難解であるうえに範囲が広く、非常にコスパが悪いために受験生が避けて通る科目となっています。

f:id:arikitakansha:20191101075404j:plain:w400:h500

勉強時間が限りなくあるのならば、それは【商法・会社法】も含めて全ての科目を勉強するべきなのでしょうが、私みたいに僅か67日で合格しようなんて考えている人間には当然そんな余裕はありません。

いかに効率よく勉強して得点して行くかが重要となる訳であり、こんな難解かつ広範囲な科目を完璧に仕上げるなんて、睡眠時間を極限まで切り詰めても無理な話しなのです。

とは言え、1問2問の差で合否が決まる国家資格試験でもあるため、短期間の受験だからといって何の対策も練らないのは得策ではありません。

そうなると、もう僕の得意技?となる『神頼み』的な攻略法を検討するしかないのでしょうが、しかしそれでも少しでも、正解確率を上げるためにデータに基づいた『最後の神頼み』的な攻略法でありたいと切に願っており、一般知識の時に検討した攻略法同様に過去のデータを調べてみました!

データに基づく攻略法を考える!

下記の一覧表が直近5年間の【商法・会社法】における正解番号なのですが、非常に特徴的なのは、この科目の一番最初の問題となる問36「商法総則」における正解肢が3年連続②番であり、5年間で4回も②番で始まっているコトです。

  問36 37 38 39 40
H30年  ① ④ ③ ⑤
H29年  ② ② ① ④
H28年  ⑤ ④ ② ①
H27年  ① ③ ② ⑤
H26年  ④ ① ④ ④
ーーーーーーーーーーーーー
※5年間の各正解番号使用回数
①番5回、②番8回、③番3回、④番6回、⑤番3回

そうなると、今年は②番から【商法・会社法】がスタートする可能性は相当低いのではないかと考えられます。

さすがに4年連続かつ通算6年で5回もの②番スタートはないでしょう⁉︎

そして私の当初からの【商法・会社法】の戦略は、最初の問36で例年出題される『商法総則』だけは死守する!という方針なので、ここまで抜かりなく『商法総則』だけはガッツリ勉強して来ました。

そのうえ② を外した①③④⑤の4択だと考えれば、何も考えなくても正解確率は25%であり、ちゃんと勉強した成果を活かせれば、かなりの確率で正解を選べるものだと信じています!

となれば、あとは最初の問36以外の問題を何番にマークすれば良いかというコトになりますが、こればかりは現場対応するしかありません。

これまでの傾向から、今年は③番で良いとは思うのですが…

直近3年間で見れば15問中1回(昨年の4問目)しか③番が使われていないのですから、全体的なバランスを考えるのなら今年の【商法・会社法】は③番がアツい!というコトになるかも知れません。責任は持てませんが…

運も実力のうち!

何だか色々と書いて来ましたが整理すると


2019【商法・会社法】攻略まとめ

■例年、最初の問題となる問36「商法総則」は②番以外の肢が正解である可能性が高い!

■全5問のうち③番の正解肢が1つか2つは必ずある!と考えられる…

■他の科目に比べて①番が多く使われており、毎年必ず1つの正解肢は①である。

まぁこんなところです。

最後の最後まで分からない問題があって、もう考える時間的余裕もなくて、鉛筆を転がして答えを決めるような状態になった時は、この記事を思い出して選んでみるのも悪くないかも知れません…

自分で言うのも何ですが、まぁその程度のデータであり記事だというコトだけはご了承ください(笑)


それでは行政書士受験生の皆様、残された9日間という期間を有効活用して、決して後悔だけはしないように、共に乗り越えて頑張っていきましょう!!