【らぁ麺 鳳仙花】で“金目鯛ラーメン”を食べて来た!

「この3連休、1日くらいは遠出してみようか?」と、妻の一言。

あまり電車には乗りたくないのだけれど、電車に乗っても突然降りたい衝動に駆られてしまうかも知れないのだけれど、まぁ妻も一緒だし、比較的近い新宿ならばと、少し遠出してみるコトにしました。

東京都・新宿区【らぁ麺 鳳仙花】

かなり前になってしまうのですが、「新宿」といえば何かのテレビ番組で『金目鯛ラーメン』なんて素敵な謳い文句で取り上げられていたお店を思い出しました。

勉強している際には「憲法条文」の暗記なんかを始めても全くと言っていいほど覚えられないのに、少し前に放送された番組の一部を覚えているなんて、頭の構造って摩訶不思議ですね。好きこそ・・・ってコトですかね?


まぁそんなコトはさて置いて、早速『金目鯛ラーメン』を食べるべく西武新宿駅からほど近い【らぁ麺 鳳仙花】さんにお邪魔してきました!


f:id:arikitakansha:20190923145516j:plain:w400:h400


特製らぁ麺 1,000円

f:id:arikitakansha:20190923145559j:plain:w400

高級魚であり、かつ、私が大好きな『金目鯛』のアラ出汁スープ!もうなんて素敵なラーメンなのでしょう…テンション上がりまくりです!


それから、妻が注文した特製つけ麺 1,050円

f:id:arikitakansha:20190923145648j:plain:w400


つけ汁の器を触った瞬間、器が冷めていたので嫌な予感が…案の定つけ汁は温くて残念でした…

初めて食べる『金目鯛らーめん』

正直『金目鯛』を明確に感じられるほど金目鯛を知っている訳ではない私ですが、「おっ!メッチャ美味しい上品な魚出汁ラーメン!」くらいには評価ができて、衝撃的な美味しさだと理解するのに時間はかかりませんでした。

いやぁ、ありそうで無かった『金目鯛らーめん』、とても美味しかったです!

しかし人によっては最初が衝撃的に美味しいからこそ、後半にクドさが出てきて少し飽きがくる場合があるのかも知れません。実際にウチの妻がそんな感じでしたので…

まぁその辺りのバランスは本当に難しいのですが、総じてレベルの高いラーメンであるコトに違いはありません。

豚肩ロースの低温レアチャーシュー、穂先メンマ、エシャロット、金目鯛のほぐし身など、トッピングにおいても全てが手の込んだ作りでお見事です。

最後の〆で、白いごはんに金目鯛の切り身がのった『金目鯛茶漬け』200円というのもあり、もう至れり尽くせりですね。

f:id:arikitakansha:20190923152048j:plain:w400

結局のところ自分はラーメンが大好きで、あらゆるコトに興味が持てなくなっている現在でも、やっぱりラーメンだとテンションが上がるんだなぁ。本当に好きなんだなぁ。と、今日は改めて自身を知る良い機会だったと思います。


ごちそうさまでした!!!!!